カラーコンタクト(カラコン)の装着の注意点や激安通販情報などをお伝えしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラコン注意点

カラーコンタクトレンズ注意点
○ カラーレンズ(カラコン)をつけたまま睡眠はできません。
眠っている間は涙がほとんど分泌されず、角膜は酸素不足の状態です。よってカラーレンズをつけたまま眠ることはできません。
眠る前や仮眠を時には必ずカラーレンズをはずしてください。
もし、万一、カラコンをつけたまま眠ってしまったときには、人口涙液か生理食塩水を点眼し、まばたきをよく繰り返し、
レンズが水分で潤い、眼の中で動くことを確認してからはずしてください。

○ 装用時間は1日8時間以内を目安とし、個人差によってこの限りではありません。装着時間は必ずまもること。
○ 瞬きをすることをわすれないこと。カラーコンタクトレンズの表面が乾燥し、白くぼけることがあります。
○ 眼に充血が見られたり、くもって見える、にじんで見え足りする場合には装着時間が長いか、眼に合わない可能性があります。
そういう場合はすぐにカラーコンタクトレンズの装着を辞めること。 
○ 眼に痛みや充血が強い、目やにが増えたり眼に異常を感じたら、すぐにカラーコンタクトレンズの装用を中止して眼科医の診察を受けください。
○ カラーレンズ装用中は目薬は使用できません。もし、レンズ装用中に使用するなら ソフトコンタクトレンズ専用のものをお使いください。
○ カラーコンタクトレンズには井戸水・湯沸かし器の水・着色水・鉱泉・ハードコンタクトレンズ専用液は使用しないこと。
○ カラーlコンタクトレンズ洗浄・消毒は必ず行うこと。カラコンについた汚れはそのままにしておくと、蓄積・固着し、
カビや細菌が繁殖の原因となり、使用できなくなるばかりか、眼の障害を引きおこす可能性がありますので、しっかり手入れしましょう。
○ カラーコンタクトレンズは絶対に乾燥させないこと。カラーレンズは水分を含んで正しい形状や素材の安全性が保てます。
乾燥させるとレンズが変形したり、キズがついて使えなくなったりします。もし 乾燥させてしまった場合ケア用品〈保存液〉に十分浸し
、含水させてから取り扱ってください。
○ カラーレンズを安全にお使いいただくため、定期的に眼科で検診を受けること。
スポンサーサイト

コンタクトケア用品★ボシュロムレニュー 355ml 洗浄消毒保存がこれ一本で!カラコンにも

コンタクトケア用品★ボシュロムレニュー 355ml 洗浄消毒保存がこれ一本で!カラコンにもコンタクトケア用品★ボシュロムレニュー 355ml 洗浄消毒保存がこれ一本で!カラコンにも
ソフトコンタクトレンズ用洗浄・すすぎ・消毒・保存液 ボシュロム レニューレンズの汚れと一口に言われているものは、"汚れ""雑菌" に大別できます。 したがって、コンタクトレンズケアも "汚れ" には『洗浄』"雑菌" には『消毒』と、両方に対して行う必要があります。レニューは、洗浄・すすぎ・消毒(保存)のすべてを1本でまかなえるレンズケア製品です。 ○うるおい洗浄成分「ポロキサミン」がレンズの汚れをきちんと洗浄し、眼にうるおいを与えます。独自の洗浄成分『ポロキサミン』がレンズについたしつこい汚れを包み込み、引き離すように取り除きます。同時に、きれいになったレンズ表面を水分の膜で覆い、汚れが付着するのを防ぎます。レンズの表面には涙の溜まらない乾いた状態にある部分があり、それが装用中の不快感を与えます。ボロキサミンは涙を引き寄せ、レンズと瞳の間に涙のクッションを作ります。そのため、瞳はいつも涙のやさしさに包まれ、快適な装用感をもたらします。○瞳に安全な消毒成分「ダイメット」が雑菌を効果的に消毒します。消毒成分『ダイメット』は雑菌を破壊する高い消毒効果を持ちながら、レンズ素材内に入り込まない大きな分子サイズを持っていま すので、角膜に消毒成分が残留しません。この安全性は世界100各国以上の販売実績、10年以上の利用実績からも証明されています。 ソフトコンタクトレンズ用消毒剤効能・効果 ソフトコンタクトレンズ(グループI?IV)の消毒 有効成分 ポリヘキサニド(ダイメッド)0.7ppm含有 配合成分 緩衝剤、安定化剤、等張化剤、pH調整剤、界面活性剤(ポロキサミン) 表示指定成分 ホウ酸、エデト酸ナトリウム容量:355ml レニュー使用上の注意ご使用に際しては、添付の使用説明書をよくお読み下さい。 レニューはグループI?IVの全てのソフトコンタクトレンズに使用できます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。